ローソク足とは?

ローソク足

 

ローソク足とは?

 

為替チャートをよく見ると上下に線のついた白や黒の長方形が並んでいます。これがローソク足と呼ばれるもので、為替チャートには欠かせないものです。ローソク足は一定期間に、

 

白抜き(青)始値 < 終値
黒抜き(赤)始値 > 終値

 

における「始値(はじめね)」「終値(おわりね)」「高値(たかね)」「安値(やすね)」の四本値から成り立っています。

 

ローソク足

 

:ローソク足の長方形の部分
ヒゲ:柱の上下に書かれている線
 上ヒゲ:柱から高値までの直線
 下ヒゲ:柱から安値までの直線

 

 

ローソク足による相場の方向性

 

ローソク足により、今後、どのうように相場が動くか方向性を予測することができます。

 

長い上ヒゲを持つローソク足が天井付近で出た場合
長い上ヒゲを持つローソク足が天井付近で出た場合、相場の流れが反転し下降に転じる可能性があります。

ローソク足による相場の方向性

 

長い下ヒゲを持つローソク足が底付近で出た場合
長い下ヒゲを持つローソク足が底付近で出た場合、相場の流れが反転し上昇する可能性があります。

ローソク足による相場の方向性

 

その他
(1) 陽線が続けば ⇒ 上昇傾向
(2) 陰線が続けば ⇒ 下降傾向
(3) 寄引同時線が天井付近で出た場合 ⇒ 売りシグナル
(4) 寄引同時線が底付近で出た場合⇒ 買いシグナル

 

 

2本のローソク足による相場の方向性

 

2本のローソク足によっても、今後、相場がどのよに動くかを予測することがでsきます。

 


窓(まど)とは、2本のローソク足の間にぽっかりと空間ができる状態をいいます。前後の為替の値段に大きな開きが出た時に窓が開きます。その空間を埋めるように相場が反転して動くことを窓埋めといいます。

窓

 

はらみ
はらみとは、前日の陽線の中に当日の陰線が含まれている。または、前日の陰線の中に当日の陽線が含まれている状態をいいます。

はらみ

 

はらみの出方により以下のことが予測可能です。

 

(1) 底付近で陽線が先に出現したら⇒ 買いシグナル
(2) 天井付近で陽線が先に出現したら⇒ 売りシグナル