トレンドラインとは?

トレンドラインとは?

 

トレンドとは、相場が上昇局面にあるのか、下降局面にあるのか、為替相場が向いている方向のことを言います。売買を行う時には、まず、トレンドを見極めることが重要です。

 

上昇トレンドライン

 

ローソク足のチャート上に安値安値を探して1本の線を引きます。この線がトレンドライン右肩上がりであれば、上昇トレンドを意味し、サポートライン(下値支持線)といいます。1本の線を引いただけで相場の方向性がわかるだけではなく、絶好の買いタイミングを掴むことができます。さらに、このサポートラインに対し、ほぼ平行に高値が1点でも通る線を引くと、このラインが上昇トレンドでの上値の目安となります。

 

上昇トレンドライン

 

また、この2本の線に囲まれた地帯を、現在の相場の値幅レンジであると仮定することができ、上昇トレンドの時は、このゾーンで取引を繰り返しながら相場が上昇していくことが多いのです。

 

 

下降トレンドライン

 

ローソク足のチャート上に高値高値を探して1本の線を引きます。この線がトレンドラインで右下がりであれば、下降トレンドを意味し、レジスタンスライン(上値抵抗線)といいます。1本の線を引いただけで相場の方向性がわかるだけではなく、絶好の売りタイミングを掴むことができます。レジスタンスラインに対し、ほぼ平行に安値を通る線を引くと、このラインが下降トレンドでの下値の目安となります。

 

下降トレンドライン

 

この2本の線に囲まれた地帯を、現在の相場の値幅レンジであると仮定することができ、下降トレンドの時は、このゾーンで取引を繰り返しながら相場が下降していくことが多いのです。

 

 

トレンドラインの時間軸

 

トレンドラインは、どのくらいの時間軸を見るかによって、変わってきます。トレンドラインを引くのは、日足チャートを使用するのが一般的ですが、デイトトレードなどの短期売買では、15分足を使うと良いでしょう。また、ラインを引く際には、最安値、最高値となる2点にこだわる必要はなく、何点かが同一ライン上にくる線があれば、そちらの方が重要度が増します。

 

 

ブレイク

 

トレンドとなるサポートラインレジスタンスラインの内側では、このラインを超えないようにしようという内向きの力が働きます。サポートライン(安値)に近づくほど、買いの圧力が強くレジスタンスラインに近づくほど、売りの圧力が強くなります。結果として、このレンジ内で相場が動くことが多くなり、その状態が長ければ、長いほど強いトレンドといえます。

 

しかし、どんなトレンドも必ず、そのトレンドラインを突き抜けてレンジをブレイクさせる場面が訪れます。一度レンジがブレイクすると、今までとは、逆の力が働きサポートラインがレジスタンスラインに、レジスタンスラインがサポートラインに変わります。トレンドの近くでは、逆張りで臨み、反対にブレイク直後では、順張りでついていく方が良いことになります。

 

ブレイク

 

このようにトレンドラインの方向を掴み、そのトレンドの向きが変わる時を見つけて売買のタイミングを計るというのがテクニカル分析の基本なのです。