逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)とは?

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)は、指値注文が現在のレートよりも有利なレートを指定するのに対し、不利なレートを指定します。指定する価格まで下がったら売り、上がったら買いというように通常の指値注文と反対の注文を行います。これにより、損失を最小限に食い止めたり、円安が進むのに合わせて売り注文のレートをジワジワと押し上げ利益確定する手段として用います。

 

逆指値注文(買い)

逆指値注文の活用(買い)

 

逆指値注文(売り)

逆指値注文の活用(売り)