FXの基礎知識

FXの知識が何もないままFXトレードを行うことは、大変危険です。FXを始めるためには、FXを始めるのに必要なものや、どのような仕組みで利益を出すのか、手数料など、様々なことを学ぶ必要があります。ここでは、FXを始めるために最低限知おかなければなららいFXの知識について説明します。

 

外国為替と外国為替市場

外国為替と外国為替市場

外国為替(がいこくかわせ)とは、日本の通貨と外国の通貨、または、異なる二国間の通貨を交換し、送金することをいいます。海外旅行に行く際には、旅行先の国で買い物や、食事をするために銀行で現地の通貨に両替します。

 

外国為替と外国為替市場の続きを読む>>

為替相場はなぜ変動するのか?

為替相場はなぜ変動するのか?

異なる通貨を交換する際の交換比率を為替レートといいます。1ドル=110円などと表示されます。為替レートが変動する最大の要因は、異なる通貨の需給関係です。

 

為替相場はなぜ変動するのか?の続きを読む>>

円高・円安とは?

円高・円安とは?

円高・円安というのは、外貨に対して日本円の価値が高いか、安いかということを意味します。例えば、アメリカでコーラが1ドルで売られていた場合、米ドルと日本円の為替レートが1ドル=100円だった場合、100円あればコーラを1本買えます。

 

円高・円安とは?の続きを読む>>

為替差益と為替差損

為替差益と為替差損

外貨投資は、日本円で外貨を買って運用し、再び日本円に換金する流れになります。外貨投資を行う場合、日本円→外貨、外貨→日本円と2度に渡り為替レートの影響を受けます。

 

為替差益と為替差損の続きを読む>>

外国為替証拠金取引(FX)とは?

外国為替証拠金取引(FX)とは?

外貨投資の中で最も注目を集めているのが外国為替証拠金取引です。FXとはForeign Exchangeの略です。FXは、FX取引業者に、一定の証拠金(保証金)を担保として預け入れると、その何倍もの外貨を売買することができます。

 

外国為替証拠金取引(FX)とは?の続きを読む>>

FXは、売りから入ることができる

FXは、売りから入ることができる

外貨預金や外貨MMFといった外貨商品では、円高の時に外貨を買い、円安の時に外貨を売って利益を上げます。一方、FXでは、売りから取引を開始することができます。

 

FXは、売りから入ることができるの続きを読む>>

FXの6つの魅力

FXの6つの魅力

外貨預金や外貨MMFといった外貨商品では、円高の時に外貨を買い、円安の時に外貨を売って利益を上げます。一方、FXでは、売りから取引を開始することができます。

 

FXの6つの魅力の続きを読む>>/p>

FXは、リターンが大きい分、リスクが高い

FXは、リターンが大きい分、リスクが高い

FXは、「買った通貨は、売り戻す」「売った通貨は、買い戻す」ということを原則に為替差益や為替差損などの、差額だけを決済するという仕組みになっています。大きなリターンが期待できるということは、それだけ、大きな損失を被る可能性があるということです。

FXは、リターンが大きい分、リスクが高いの続きを読む>>

レバレッジ効果とは?

レバレッジ効果とは?

FXでは、少額の資金で多額の外貨を取引することが可能です。この仕組みをレバレッジ効果といいます。外貨預金の場合、外貨に両替するときには、為替レートを使って単純計算されますが、FXの場合、証拠金を入れることで外貨預金と同額の資金でも、その何倍もの外貨を取引することができるのです。

レバレッジ効果とは?の続きを読む>>

スワップポイントとは?

スワップポイントとは?

FXで得られる利益には、大きく分けて2つあります。ひとつは、レバレッジ効果を効かせ、少ない資金で大きな利益を上げる為替差益です。そして、もうひとつがスワップポイントです。スワップポイントとは、2種類の通貨を交換するときに生じる金利差をいいます。

スワップポイントとは?の続きを読む>>

取引証拠金とは?

取引証拠金とは?

FXでは、少ない資金を担保として、その何倍もの外貨を売買することができます。この担保として入れる資金を取引証拠金(とりひきしょうこきん)といいます。証拠金には以下のようなものが、あります。

 

取引証拠金とは?の続きを読む>>

FXにかかる手数料

FXにかかる手数料

FX取引では、取引手数料とスプレッドの2つの手数料が、かかります。取引手数料とスプレッドについて以下に説明します。

 

 

FXでかかる手数料の続きを読む>>

2Wayプライスとは?

2Wayプライスとは?

2Wayプライスとは、投資家が、注文を出す際に、業者が売り(Bid)と買い(Ask)の取引レートを同時に提示することをいいます。

 

2Wayプライスとは?の続きを読む>>

FXのリスクと回避方法

FXのリスクと回避方法

FXには、「為替変動リスク」「カントリーリスク」「流動性リスク」「信用リスク」「システムリスク」など様々なリスクがあります。FXのこれらのリスクと回避方法について説明します。

 

FXのリスクと回避方法の続きを読む>>

マージンコールとは?

FXのリスクと回避方法

有効証拠金が一定のレベルを下回り、維持証拠金を割り込むと、FX業者から証拠金の追加差し入れが求められます。この証拠金の追加差し入れをマージンコールといいます。業者によってことなりますが、一般的に、マージンコールは、証拠金の50〜60%を下回ると発生します。

マージンコールとは?の続きを読む>>

ロスカットルールとは?

FXのリスクと回避方法

ロスカットルールとは、証拠金維持率が必要証拠金の20〜30%を下回った場合に、強制的に 反対売買を行い決済される仕組みです。

 

ロスカットルールとは?の続きを読む>>

FXの注文方法

FXは、注文しなければ、取引が行えません。ここでは、FXの基本的な3つの注文方法について学びます。

 

成行注文とは?

成行注文とは?

「成行注文(なりゆきちゅうもん)」は、今表示されている値段(為替レート)で買いたい、売りたいという時に有効な注文方法です。 レートを指定せず、為替動向を見ながらに注文する方法なので、すぐに注文を出せ、売買も成立しやすいという特徴があります。

 

成行注文とは?の続きを読む>>

指値注文(買い)

指値注文(売り)

指値注文(さしねちゅうもん)とは、あらかじめ、値段を指定しておき、為替レートがその価格に達した時に、売買注文を入れる方法です。現状よりも、やや低い値段で買いたい場合や、現状よりもやや高い値段で売りたい時に有効です。

 

指値注文とは?の続きを読む>>

逆指値注文(買い)

逆指値注文(買い)

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)は、指値注文が現在のレートよりも有利なレートを指定するのに対し、不利なレートを指定します。指定する価格まで下がったら売り、上がったら買いというように通常の指値注文と反対の注文を行います。

 

指値注文とは?の続きを読む>>

FX自動売買

FXでは、自動売買が行えます。ここでは、FXの代表的な自動売買方法である「IFD注文」、「OCO注文」、「IFO注文」について説明します。

 

IFD注文

 

IFD注文

新規注文を行う場合に活用されるのが、IFD(If Done)注文です。IFD注文は、「もし、最初に 出した注文が、その次は、いくらで売る(買う)」という注文が行えます。

 

続きを読む>>

OCO注文

 

OCO注文

OCO(One Cancels the Other)注文は、種類が異なる2つの注文を出しておき、どちらかが約定したら、もう一つの注文を自動的にキャンセルする方法です。そろそろレンジを抜け出しそうだけどどちらに転ぶか判断できない場合に使うと便利な方法です。

 

続きを読む>>

IFO注文

 

IFO注文

IFO(アイエフオー)注文は、IFD注文OCO注文を組み会わせた注文です。指値注文を入れ、それが約定 すると利益確定と損切りが行うことができるというものです。

 

続きを読む>>

テクニカル分析

FXでは、今後、為替がどのような方向に動いていくかを予測し、適切な注文(売りなのか・買いなのか)を行っていきます。この判断材料となる指標がテクニカル分析です。ここでは、テクニカル分析の基本について学びます。

 

テクニカル分析とは?

 

テクニカル分析とは?

投資とは常に決断・判断の連続です。しかし、投資家も人間なので、その日の心理・心情に投資判断が左右されてしまいます。テクニカル分析とは、必ずしも一定とはいえない「勘」「心理」を排除した分析方法であり、客観的な判断を可能にしてくれる予測不可能な為替相場の先を照らす羅針盤なのです。

 

続きを読む>>

為替チャートとは?

 

為替チャートとは?

テクニカル分析の基本となるのが為替チャートを使った分析です。為替チャートとは、過去から現在に至るまでの為替の動きをグラフに記したものです。為替の動きを数字の羅列ではなく、グラフ化して見ることで相場の流れをひと目で把握することができます。

 

続きを読む>>

ローソク足とは?

 

ローソク足とは?

為替チャートをよく見ると上下に線のついた白や黒の長方形が並んでいます。これがローソク足と呼ばれるもので、為替チャートには欠かせないものです。ローソク足は単位期間を定め、単位期間中に付いた「始値」、「終値」、「高値」、「安値」の四種類の値段をローソクと呼ばれる一本の棒状の図形に作図し、時系列に沿って並べて為替の変動をグラフとして表したものでです。

 

続きを読む>>

トレンドラインとは?

 

トレンドラインとは?

トレンドとは、相場が上昇局面にあるのか、下降局面にあるのか、為替相場が向いている方向のことを言います。売買を行う時には、まず、トレンドを見極めることが重要です。

 

続きを読む>>

移動平均とは?

 

移動平均とは?

移動平均は、ある一定期間の終値の平均を取ったもので、それを線で結んだものが、移動平均線です。例えば、5日移動平均は、5日間の終値の平均を取った点となり、その点を結んでいくと5日平均線を描くことができ、為替チャートと重ねて売買のポイントを予測できるようになります。

 

続きを読む>>

ボリンジャーバンドとは?

 

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは正規分布という統計学を使ったアプローチで相場の反転や保合い放れ(もちあいばなれ)を判断するのに使われます。米国のジョンボリンジャーが開発した分析
手法で、価格が移動平均線の周りに正規分布しているという仮定のもとで、価格の分析に標準偏差という統計学の概念を盛り込んだものです。

 

続きを読む>>

FXトレードの種類

FXの3つのトレード手法、スイングトレード、デイトレード、スキャルピングの特徴と、メリット、デメリットについて説明します。

 

FXスイングトレード

 

FXスイングトレード

スイングトレード数日から数週間で売買を終わらせるタイプのトレードです。長い期間ポジションを保持することで1つのポジションで数円単位の大きな利益を狙います。

 

<続きを読む>>

FXデイトレード

 

FXデイトレード

デイトレードは、1日で全ての取引を完了させるタイプのトレードです。1つのポジションで数十銭〜1円程度の利益を狙い、小さな利益を積み重ねていく方法です。

 

続きを読む>>

FXスキャルピング

 

FXスキャルピング

スキャルピングはポジションの保有時間がデイトレードより更に短く、数十秒〜数分で取引が完結するタイプのトレードです。1回の取引で数銭〜数十銭の利益を積み重ねていく方法です。

 

続きを読む>>