レバレッジ効果とは?

レバレッジ効果とは?

レバッレジ効果とは?
FXでは、少額の資金で、多額の外貨を取引することが可能です。この仕組みをレバレッジ効果といいます。外貨預金の場合、外貨に両替するときには、為替レートを使って単純計算されますが、FXの場合、証拠金を入れることで外貨預金と同額の資金でも、その何倍もの外貨を取引することができるのです。レバレッジの大きさは、業者によって異なりますが、数倍〜25倍程度が主流です。

 

レバッレジ効果の仕組み
為替レートが1ドル=100円の場合、10万円を両替すると1000ドルになります。FXでは、10万円の証拠金をもとに、10000ドルの外貨を取引することが可能です。円安が進み、1ドル=105円になった場合、1000ドルを日本円に戻した場合、外貨預金の為替差益は、5000円ですが、FXの場合、10000ドルを日本円に戻すことになるので、為替差益は、50000円になります。つまり、レバレッジが10倍ならば、為替差益も10倍になるということです。

 

レバレッジ効果とは?

レバレッジ効果とは?