FXにかかる手数料

FXにかかる手数料

 

FX取引では、取引手数料とスプレッドの2つの手数料が、かかります。取引手数料とスプレッドについて以下に説明します。

 

取引手数料
FXでは、取引するたびに取引に応じた取引手数料が、発生します。これらの手数料は、1万通貨あたり、何円という形で取引単位ごとに提示されます。また、取引額が多くなるほど取引手数料は、割安になる傾向があります。

 

最近では、取引手数料が無料の業者も増えてきています。この場合、次に説明するスプレッドが業者の主な収入源となっています。FX業者を選ぶ時には、取引手数料が無料だからと言って飛び付くのではなく、他の手数料も比較して、総合的に判断して下さい。

 

取引手数料の計算方法

 

スプレッド
スプレッドとは、売り値(Bid)買い値(Ask)差額をいい、この売り値と買い値は、FX業者が自由に設定しており、この差額がFX業者の利益となります。例えば、ドル/円が100..000-100..005と表示されている場合、売り値が100..000円買い値が100..005円でスプレッドが0.5銭であることを意味しています。1ドルあたり、5銭がスプレッドとしてFX業者の利益となります。

 

スプレッドの計算方法