2Wayプライスとは?

2Wayプライスとは?
2Wayプライスとは、投資家が、注文を出す際に、業者が売り(Bid)買い(Ask)取引レートを同時に提示することをいいます。2Wayプライスで売買注文を行う場合、取引がドル/円の場合、116.975 − 116.978という形式で表示されます。この場合、安い方が投資家にとっての売り値、高い方が、買い値を示しています。この場合、投資家は、1ドル=116.975円でドルを売ることができ、1ドル=116.978円でドルを買うことができるということです。

 

2Wayプライス

 

2Wayプライスのメリット
2Wayプライスのメリットは、業者による不正操作を防ぐことができるということです。売り(Bid)と買い(Ask)の差額をスプレッドといいます。ドル/円が116.975 − 116.978の場合、スプレッドは、5銭となり、これがFX業者の利益となります。スプレッドが大きいと、より安く売り、より高く買うことになりスプレッドは、小さければ、小さいほど投資家にとって有利になります。

 

しかし、中には、買いレートしか、表示していない業者もあります。この場合、業者が大きなスプレッドを上積みして買いレートを吊り上げていたとしても、売りレートがわからなければ、提示されたレートが妥当なのか、判断ができません。2Wayプライスで表示されていれば、一目瞭然です。FX業者を選ぶ場合には、必ず2Wayプライスを提示しているFX業者を選ぶようにして下さい。