FXのリスクと回避方法

FXのリスクと回避方法

 

FXには、様々なリスクがあります。FXの主なリスクと回避方法について以下に記載します。

 

為替変動リスク

 

FXでは、為替の変動が、損益に大きく影響します。為替レートが予想に反して為替差損を被ることになります。為替差損による損失を小さくするためには、購入時期を分散させたり、高すぎるレバレッジにて取引を行わないことです。

 

 

カントリーリスク

 

取引している外貨を発行している国が、戦争やテロに巻き込まれたり、政治や社会情勢が大きく変化した場合、為替レートが大きく変動する可能性があります。このようなリスクをカントリーリスクと呼びます。カントリーリスクを防ぐためには、取引する外貨を分散させる、外貨を発行する国の情勢を常日頃から掴んでおく必要があります。

 

 

流動性リスク

 

取引量が非常に少ない、マイナーな通貨では、為替レートの提示が困難で市場状況により取引が不可能になることがあります。このリスクを流動性リスクといいます。流動性リスクを回避するには、流通量の少ない外貨は避け、流通量が多い外貨を取引することです。

 

 

信用リスク

 

取引しているFX業者が、万が一経営破綻してしまった場合、預けていた保守金などが、返還されない可能性があります。このリスクを信用リスクといいます。信用リスクを回避するためには、自社の事業費と顧客から預かった証拠金を分別管理を行っている業者を選ぶ必要があります。また、財務状況の良い業者を選ぶことも信用リスクを回避する方法です。

 

 

システムリスク

 

取引システムに障害が発生すると取引が行えなくなります。このリスク回避するためには、複数のFX業者に口座を開設しておく、システムの違った業者を選ぶことです。