マージンコールとは?

FXは、決済されない限り、損失が確定するわけではありませんが、為替レートの変動によりポジションの評価が大きくマイナスになっているなっているケースがあります。預け入れた証拠金から、こうした評価上のマイナスを差し引いた金額を有効証拠金といいます。

 

有効証拠金が一定のレベルを下回り、維持証拠金を割り込むと、FX業者から証拠金の追加差し入れが求められます。この証拠金の追加差し入れをマージンコールといいます。業者によってことなりますが、一般的に、マージンコールは、証拠金の50〜60%を下回ると発生します。

 

マージンコールを導入している業者では、毎日、決められた時刻の為替レートをもとに、証拠金維持率が計算され、マージンコールが発生した場合には、メールなどで投資家へ連絡されます。マージンコールが発生した場合、投資家は、決められた日時までに証拠金を差し入れたり、ポジションを決済する必要があります。

 

マージンコールとは?

マージンコールの仕組み

 

対処法@ 有効証拠金が証拠金維持率を上回るように証拠金を追加
対処法A ポジションを決済して取引の規模を縮小