ロスカットルールの仕組み

ロスカットルールとは、証拠金維持率が必要証拠金の20〜30%を下回った場合に、強制的に反対売買を行い決済される仕組みです。

 

ロスカットルールは、マージンコール発生後、決められた時刻が過ぎても、状況が改善されない場合に行われます。ロスカットルールは、投資にとって不利なレートでも、有無を言わさず即座に実行されます。

 

ロスカットルールとは?

ロスカットルールの仕組み