外国為替と外国為替市場

外国為替とは?

 

FXを行うためには、外国為替の知識が必要です。外国為替について以下に説明します

 

外国為替とは?

 

外国為替(がいこくかわせ)とは、日本の通貨と外国の通貨、または、異なる二国間の通貨を交換し、送金することをいいます。海外旅行に行く際には、旅行先の国で買い物や、食事をするために銀行で現地の通貨に両替します。また、輸出や輸入の決済をする場合にも、日本の通貨と取引先の国の通貨と交換する必要があります。このように、異なる通貨に両替し送金することが外国為替です。

 

 

外国為替市場とは?

 

外国為替市場(がいこくかわせしじょう)は、外国為替の中心であり、世界各国の銀行内のディーリングルームから電話やインターネット回線を使いやりとりが行われます。これらのネットワークを総称して外国為替市場と呼んでいます。外国為替市場の特徴について以下に記載します。

 

外国為替市場は眠らない

 

外国為替は眠ることを知りません。24時間を通じて世界中で取引が行われています。外国為替市場は東京、ニューヨーク、ロンドン、香港、シンガポールなど世界に50ヵ所以上あり、東京ニューヨークロンドン世界の3大市場と呼ばれています。

 

 

インターバンク市場と対顧客市場

 

外国為替市場には、銀行と銀行間の取引を行うインターバンク市場と銀行が顧客に対して取引を行う対顧客市場があります。海外旅行に出かける前に、銀行で両替を行う場合は、対顧客市場での取引となります。通常、外国為替市場は、インターバンク市場を指します。対顧客市場のレートは、インターバンク市場のレートをもとにして決められます。

 

 

外国為替市場の主役

 

外国為替市場で実際の取引の中心となっているのが、為替ディーラーと呼ばれる人達です。(外為ディーラー、FXディーラーとも呼ばれています。) 異なる通貨の取引によって、利益を得ることが為替ディーラーの仕事です。為替ディーラー以外にも、売り手と買い手の取引を仲介するブローカー財務省日本銀行などの通貨当局なども市場に参加しています。